栃木県コミュニティ協会とは?

私たちは、地域社会の一員です。そして自分が住んでいる地域を

よりよくしていこうという気持ちを持っています。

住みよい地域社会をつくるには、まず私たち一人ひとりが、住んでいる地域に愛着を持ち、

地域の課題をまわりの人と話し合い、協力して解決に向けて行動を起こすことが大切です。

このような行動を進めていくためには、地域の誰もが自由に参加でき、

協働する『コミュニティ組織』が必要となります。

県内の各地で、コミュニティ組織が中心となって、地域の人たちの要望をまとめたり、

地域のふれあいづくりのために、各種のコミュニティ活動が展開され、

住みよいまちづくりが行われています。

栃木県コミュニティ協会は、住民自らの創意と工夫によるコミュニティづくりを

県民運動として総合的に推進し、活力と潤いのある生活の場を

築きあげることを目的として、昭和63年に誕生しました。

協会では、住みよい地域社会づくりのために活動している団体やグループ等の

コミュニティ組織を支援しています。

事業報告≫こちら

コミュニティとは?

 

「地域に住む人たちが、あたたかい心のふれあいを通じて話し合い、

助け合い、そして力を合わせて地域の問題を自主的に解決して、

快適な環境と心豊かなまちやむらをつくる」 ことです。

 

 

栃木県コミュニティ協会で実施するもの

1 コミュニティ意識の醸成

  ①「こんにちはコミュニティ」の発行

  ②コミュニティビデオ・DVDの貸出

 

2 コミュニティづくりの調査・研究

  ①研究推進委員会の開催

  ②研究集会へ派遣

 

3 実践集団の育成

  (公財)あしたの日本を創る協会と連携し地区コミュニティ推進協議会、

  生活学校等の地域において活動している集団を育成する。

  ①地域活動実践集団の育成・指導

  ②コミュニティ・生活学校運動栃木県大会の開催

 

4 コミュニティ活動指導者等の養成・確保

  地域において、コミュニティづくりや活動に取り組むコミュニティリーダーの効果的な養成・確保を図る。

  ①コミュニティ研修会の開催

  ②コミュニティカレッジの開催(とちぎデザインリーグへ委託)

  ③地域研修会の開催(栃木県生活学校連絡協議会へ委託)

      

5 協会・会員相互の連携強化

  会員の主催する事業等について、共催・後援等の要請に応じて積極的な協力を行う。

  ①「小さな親切」作文・標語コンクール事業への支援

 

6 地域における実践活動の助長

  会員の主催する事業等について、共催・後援等の要請に応じて積極的な協力を行う。

   ①コミュニティ運動推進功労者・優れた団体活動の顕彰

 

※ 「とちぎ協働デザインリーグ」との連携・協働

① コミュニティカレッジ

 

※「栃木県生活学校連絡協議会」との連携・協働

①地域研修会

 

県で実施するもの

1 コミュニティ活動の振興

 

2 コミュニティ活動功労者知事表彰

 

3 栃木県コミュニティ協会の指導・援助

 

4 コミュニティ助成事業(自治総合センター事業)

 

(財)自治総合センターで実施するもの

   コミュニティ助成事業

  ①一般コミュニティ助成事業

  ②コミュニティセンター助成事業

  ③自主防災組織育成助成事業

  ④青少年健全育成助成事業                            

栃木県コミュニティ協会事務局

 

〒320-8501

栃木県宇都宮市塙田1-1-20

栃木県庁 県民生活部県民文化課内

Tel.028-623-2110

Fax.028-623-2121

E-mail.tochigi-community@rhythm.ocn.ne.jp

            info@tochigi-community.jimdo.com